「霊能者(霊媒師)」役職の役割とコツ 人狼ジャッジメントアプリゲーム攻略

霊能者(霊媒師)

 

陣営カウント 市民として数える

人狼の

襲撃結果

死亡
占い結果 人狼でない
霊媒結果 人狼でない

勝利時

役職ボーナス

8pt

(市民側勝利時)

固有設定

※リーダーが

変更可能

変更できる設定なし

役割

祈りによって特殊なモノが視える霊能者。

 毎夜、その日に処刑された人と突然死した人が

人狼」か「人狼でない」か知ることができる。

コツ

基本的には受動的な行動になりがちだが、

占いの結果が合っていたのかの確認が死者でできるため

占い師の真偽を判定したり、

残りの人狼の数を把握したりと、重要な役割でもある。

そのため、占い師と同様に偽物が出ることが多い。

 

カミングアウトをすると人狼に狙われやすくなるので

自分が霊能者だと明かす場合はタイミングに注意しよう。

 

大狼人狼であるが

占い師子狐には「人狼でない」と見える

賢者妖術師には「市民」と見える

霊能者(霊媒師)には「大狼」と見える

そのため、占い師や賢者に占われても

人狼だと見抜けないので

大狼がいる場合は霊能者との連携が必要となる。

 

狼少年がいる場合に

人狼に仕立てられた人は、その次の日の夜に、

占い師賢者妖術師子狐

占われると「人狼」と判定されてしまう。

※人狼を選択して仕立てた場合も人狼と判定が出る

そのため、狼少年に市民を人狼と騙されて

確定して処刑してしまう危険がある。

霊能者の霊能結果を騙すことはできないので、

処刑後に市民と出て騙されたことがわかる。

設定事項

恋人双子の後追いでペアの人が

死亡した場合に発生した後追いで死亡した人の

人狼」か「人狼でない」かは知る事ができない。

見れるのは直接死亡した方だけになる。

 

霊能者(霊媒師)

 

 人狼ジャッジメント攻略 TOPへ

 

Can not copy.