「罠師」役職の役割とコツ 人狼ジャッジメントアプリゲーム攻略

罠師

 

陣営カウント 市民として数える

人狼の

襲撃結果

死亡
占い結果 人狼でない
霊媒結果 人狼でない

勝利時

役職ボーナス

8pt

(市民側勝利時)

固有設定

※リーダーが

変更可能

連続ガード

※連続で同じ人を

守れるかどうかの設定

役割

罠で獲物を捕らえる罠師。

 毎夜、一人を罠で守ることができる。

罠で守られた人を人狼が襲撃した場合、

人狼は死亡し、襲われた人は死亡しない。

 

狩人と同じ人物を指定した場合、

狩人が罠にかかって死亡してしまう。

コツ

罠を仕掛け人狼を殺す事ができる役職。

人狼が襲いそうな人を推理して、

夜に1人も被害が出ないようにしよう。

 

狩人と守る人物がかぶってしまった時に

人狼がその人物を襲うと

狩人と守りたかった人物の2名が死亡してしまうので

狩人が誰を守ろうとしているかを読む力が必要となる。

 

基本的には、できるだけ生存し続け、

占い師など重要な人物を守ることが使命である。

 正体がさらされると真っ先に人狼の襲撃候補と

なってしまうためカミングアウトをしない方が

生き残りやすくなる。

大人しすぎると怪しまれて夕方の投票で

処刑されてしまう可能性があるため上手に立ち振る舞おう。

 

夜の行動でサイコキラーを守ってしまうと

罠師は死亡してしまうので

サイコキラーと思われる人は守らないようにしよう。

設定事項

※同じ人を連続で守ることができるかは屋敷の設定の

「連続ガード」で変更できる。

 

罠師

 

 人狼ジャッジメント攻略 TOPへ

 

Can not copy.