「占い師の弟子」役職の役割とコツ 人狼ジャッジメントアプリゲーム攻略

占い師の弟子

 

陣営カウント 市民として数える

人狼の

襲撃結果

死亡
占い結果 人狼でない
霊媒結果 人狼でない

勝利時

役職ボーナス

8pt

(市民側勝利時)

固有設定

※リーダーが

変更可能

初日占い

※初日に占いが

できるかどうかの設定

役割

将来有望な若者、占い師の弟子。

占い師が生存している場合は

市民と同じで何の能力も持っていないが、

占い師が死んだ場合は占い師と同じ力を手に入れる。

占い師が処刑された場合は、その日の夜から能力を

使うことができる。

誰が占い師かは知らない。

 

 占い師に変化した場合は、毎夜、一人を占い、

その人物が「人狼」か「人狼でない」か知ることができる。

 さらに、妖狐を占った場合は呪殺する。

 

賢者の場合は「役職が何か」が占えるが

占い師の場合は「人狼かどうか」だけが占える違いがある。

コツ

弟子の状態では普通の市民と同じだが、

占い師が死んだ後に引き継いで占い師になるので

出来るだけ生き残りを目指して行動しよう。

 

占い師はとても重要な役職であるため、

最後まで生存するのが難しい役職。

占い師に変化した後に狩人(騎士)が生きている場合

占い師であるとカミングアウトをして

夜に人狼に襲われないように連携を取るのも手。

 市民側に誰が市民で誰が人狼なのか

情報を多く残せるように心がけることが勝利へつながる。

設定事項

※初日に占いを行うかどうかは屋敷の設定の

「初日占い」で変更できる。

 

占い師の弟子を設定するには

必ず占い師もセットで入れる必要がある。

 

占い師の弟子

 

 人狼ジャッジメント攻略 TOPへ

 

Can not copy.