「背徳者」役職の役割とコツ 人狼ジャッジメントアプリゲーム攻略

背徳者

 

陣営カウント 市民として数える

人狼の

襲撃結果

死亡

※妖狐と子狐の両方が

死ぬと後追いで死亡

占い結果

人狼でない

霊媒結果

人狼でない

勝利時

役職ボーナス

12pt

(第3陣営妖狐勝利時)

※市民と人狼どちらが

勝っても勝利を奪える

固有設定

変更できる設定なし
役割

妖狐に心酔してしまった人間。

背徳者は誰が妖狐か子狐か知っているが、

妖狐子狐は誰が背徳者かわからない。

心酔するあまり、妖狐が全滅すると

次の朝に後追いで死亡する。

コツ

市民でも人狼でもない第3勢力に属する役職。

市民陣営か人狼陣営が勝利した時に

妖狐子狐が生存していると、

勝利した陣営に代わって妖狐陣営が勝利となる。

 

背徳者は、妖狐側の狂人のような存在で、

嘘をついて屋敷を混乱に導いたり、

間違った推理でミスリードしたり、

占い師の信用を落とすために、占い師を騙ったり、

妖狐や子狐が処刑されそうな場合は

代わりに自分が処刑されるように疑われたりして、

妖狐や子狐が生き残るように

積極的に動くポジションである。

 

妖狐は特殊な妖術で人狼に襲撃されても

死亡しないが

占い師賢者に占われると呪殺されてしまう。

偽占い師妖術師子狐

占われても呪殺されないで生き残る。

妖狐をかばって占い先に選ばれるような発言をしたり、

占い師を早めに死亡させるように仕組もう。

設定事項

背徳者を設定するには

必ず妖狐子狐をセットで入れる必要がある。

 

妖狐陣営は妖狐子狐背徳者の3種類だが

「妖狐陣営」が勝利になるのは妖狐か子狐の

どちらかが最後まで生きている時だけになる。

背徳者は妖狐と子狐が両方死んでしまうと

後追いで死亡する。

 

背徳者

 

 人狼ジャッジメント攻略 TOPへ

 

Can not copy.