「聖職者」役職の役割とコツ 人狼ジャッジメントアプリゲーム攻略

聖職者

 

陣営カウント 市民として数える

人狼の

襲撃結果

死亡
占い結果 人狼でない
霊媒結果 人狼でない

勝利時

役職ボーナス

8pt

(市民側勝利時)

固有設定

※リーダーが

変更可能

変更できる設定なし
役割

死さえも退ける力を持つ、聖職者。

自分以外の誰か一人を「聖なる護り」でガードし、

一度だけ全ての死から守る。

ただし、突然死や後追いの死亡は防げない。

 

ガード対象の選択は夜に行う。

 聖なる護りは発動するまで継続されるが、

複数の聖職者がいた場合、

すでに聖なる護りでガードされている人に、

聖なる護りを使っても効果が二回に増えることはない。

 

聖なる護りで守られている人は、

処刑:死亡しない

人狼の襲撃:死亡しない

暗殺者の暗殺:死亡しない

魔女の暗殺:死亡しない

サイコに関わる:死亡しない

などの効果がある

コツ

占い師など重要な人物を守ることが使命である。

 正体がさらされると真っ先に人狼の襲撃候補と

なってしまうためカミングアウトをしない方が

生き残りやすくなる。

大人しすぎると怪しまれて夕方の投票で

処刑されてしまう可能性があるため上手に立ち振る舞おう。

人狼が襲いそうな人や市民である味方を推理して、

被害が出ないようにしよう。

 

狩人罠師と似ているが

聖職者は処刑の死亡もガードできる聖なる護りが使える。

 

聖職者は自分以外の人に聖なる護りを使えるが

巫女は自分自身に1度だけ使える違いがある。

設定事項

妖狐占い師賢者に占われると、

本来は呪殺されて妖狐が死亡するが、

聖なる護りに守られている時の妖狐は、

呪殺されないで生き残る。

 

占い師などがサイコを占った場合、

本来は殺されてしまうが、

聖なる護りに守られている時の占い師は、

死亡しないで生き残って占いにも成功する。

 

暗殺者サイコを暗殺しようとした場合、

本来はサイコを殺せず暗殺者だけが死亡するが、

聖なる護りに守られている時の暗殺者は、死なずに

サイコの暗殺に成功してサイコだけを死亡させる。 

 

女王が死亡条件になっても死なない方法には、

聖職者の聖なる護りと生霊の役職コピーがある。

聖なる護りは処刑も襲撃の死も退けて死なないので、

聖職者は必ず女王に聖なる護りをかけよう。

 

聖職者

 

 人狼ジャッジメント攻略 TOPへ

Can not copy.