「怪盗(マジシャン)」役職の役割とコツ 人狼ジャッジメントアプリゲーム攻略

怪盗(マジシャン)

 

陣営カウント

市民として数える

※盗んだ役職に変化

人狼の

襲撃結果

死亡

※盗んだ役職に変化

占い結果

人狼でない

※盗んだ役職に変化

霊媒結果

人狼でない

※盗んだ役職に変化

勝利時

役職ボーナス

8pt

※盗んだ役職に変化

固有設定

変更できる設定なし
役割

とある屋敷にふと舞い降りた華麗なる怪盗。

 初日の夜に一人を選んで、

選んだ人物の役職を盗むことができる。

盗んだ役職固有の夜の行動は、

次の日の夜から行うことが可能となる。

盗まれた人は、盗まれた直後から市民となる。

しかし、次の日の夜まで盗まれたことには気づかない。

ただし、人狼や妖狐の正体を知る人物が

怪盗に盗まれた場合は1日目の深夜に死亡する。

コツ

他の人の役職を盗んで自分の物にする特殊な役職。

盗んだ役職の役割を引き継いで

行動する必要があるので、

色々な役職について覚えておこう。

人狼ジャッジメント攻略TOPの一覧で確認しよう。

 

怪盗が選んだのがサイコの場合、

盗みに成功し、サイコになる。

サイコは盗まれた直後から「市民」になるが、

盗まれたことに気づくのは次の日の夜になる。

 

怪盗が選んだのが女王の場合、

盗みに成功し、女王になる。

市民陣営の人は盗まれた直後に新しい女王が誰かわかる。

女王は盗まれた直後から「市民」になるが、

盗まれたことに気づくのは次の日の夜になる。

 

怪盗が選んだのが人狼や妖狐の正体を知る人物の場合

盗みに成功し、盗まれた方は1日目の深夜に死亡する。

死亡する役職:人狼 賢狼

強欲な人狼 饒舌な人狼 蘇る人狼

能ある人狼 大狼 ささやく狂人

狂信者 妖狐 子狐 背徳者

設定事項

怪盗と一緒に生霊魔女は使えない。

 

怪盗(マジシャン)

 

 人狼ジャッジメント攻略 TOPへ

 

 

Can not copy.