「女王」役職の役割とコツ 人狼ジャッジメントアプリゲーム攻略

女王

 

陣営カウント 市民として数える

人狼の

襲撃結果

処刑も襲撃も死亡する

女王が死ぬと

人狼と妖狐以外の

全員が後追いで死亡

占い結果 人狼でない
霊媒結果 人狼でない

勝利時

役職ボーナス

8pt

(市民側勝利時)

固有設定

変更できる設定なし
役割

市民ならば誰でも知っている愛すべき女王。

 死亡すると人狼と妖狐以外の全員が後追いで死亡する。

 誰が女王か市民陣営の人は全員知っているが、

他の陣営の人は知らない。

 また、女王が死んだ時に生霊の能力が発動した場合、

生霊が新しい女王となり市民陣営は後追いをしない。

 女王が死亡するだけで市民陣営は敗北となるので、

正体がばれないように市民全員が一丸となって

行動する必要がある。

コツ

女王の死亡=市民の敗北が決まってしまうので、

とんな手を使っても死なないようにしょう。

味方の市民は女王が誰か知っているので、

カミングアウトをしなくても守ってもらえる。

市民陣営は敵陣営の人に女王がバレないようにしながら、

女王の処刑を阻止しよう。

人狼の襲撃で女王が死亡しないように、

狩人(騎士)罠師は女王を守ろう。

狩人と罠師が同じ人を守っている時に、

人狼がその人物を襲うと

狩人が罠にかかって死亡してしまい、

女王も人狼に襲われて死亡してしまう。

狩人と罠師がいる場合は

罠師がカミングアウトして罠師が女王を守り、

狩人はカミングアウトしないで罠師を守ると良いかも。

※人狼は誰が女王かはわからないが、

設定で女王がいる事はわかっているので、

人狼は女王を探して狙ってくる。

女王を直接狙われても

罠で人狼を死亡させられて女王が守れ、

罠師を狙われても狩人が守っているので阻止できる。

狩人が死亡してしまうと防御が崩れてしまうので

早めに人狼を見つけ出して処刑しよう。

 

女王が死亡条件になっても死なない方法には、

聖職者の聖なる護りと生霊の役職コピーがある。

聖なる護りは処刑も襲撃の死も退けて死なないので、

聖職者は必ず女王に聖なる護りをかけよう。

生霊の役職コピーの対象は初日に指定する必要があるので

生霊は必ず女王を選ぶようにしよう。

生霊が女王にとりついた状態で女王が死亡すると、

生霊が新しい女王となり、後追いは発生しないが、

元生霊の女王が死亡すると後追いで全滅してしまうので

女王の役職が移った場合は新しい女王の方を守ろう。

設定事項

怪盗が女王を選択した場合、

盗みに成功し、女王になる。

市民陣営の人は盗まれた直後に新しい女王が誰かわかる。

女王は盗まれた直後から「市民」になるが、

盗まれたことに気づくのは次の日の夜になる。

女王の役職が移った場合は新しい女王の方を守ろう。

 

女王おすすめプレイ動画

※タップすると動画に移動します

人狼ジャッジメントプレイ動画

youtubeで公開中!≫

 

女王

 

 人狼ジャッジメント攻略 TOPへ

 

Can not copy.